健康な生活に欠かせない水に感謝

お水は生きるパワーの源

人間の身体は約6割が水でできています。水分が減ると脱水症状が起き、様々な病気やトラブルの原因となります。
人間にとって水は命そのものといっても過言ではないほど。まさに生きるパワーの源と言えるのではないでしょうか。
健康な状態を保つためには、常に適量の水が体内に保たれている必要があります。
しかし、毎日の生活を思い出してみて下さい。トイレに行ったり、汗をかいたり、皮膚呼吸で蒸発したり…。
日常生活の中で驚くほど大量の水分が失われていきます。身体を動かしたりスポーツをする機会が多い人は、さらに大量の水分を失っています。
昔は部活動の練習中は水を飲むのは禁止されていたりもしましたが、今ではこまめに水分補給をするようになりました。
運動をしない日常生活をおくっている人でも、適度にお水を飲むようにしましょう。

水分不足が引き起こす症状

水が人間の身体に与える影響は多く、体内の水分が不足すると様々なトラブルや病気を引き起こす原因となります。
山などで遭難した場合に、水さえあれば1週間は生きられる…という話を聞いたことがある人は多いと思いますが、その逆に、水がなければ人間は3日ともたないと言われています。
脱水症状になると脳の機能が低下し、思考回路がおかしくなってしまいます。
加えて身体的なダメージや疲れが多いような場合、思わぬ症状に至ることもあります。
日常生活では脱水で重い症状になることは少ないかもしれませんが、夏場などは特に、脱水症状で貧血を起こしたり病気を患う人が多いのも事実。
健康な生活を送り続けたいと思っている人は、必要な量のお水を毎日摂るようにしましょう。

水を飲むのに良いタイミングは?

水分補給が健康に大きな役割を果たすことが分かっていても、どんな時にお水を飲むのが良いか知らない人は多いと思います。どんなタイミングでお水を飲むのがより効果的なのでしょうか。
基本的には水分が失われた直後に飲むのが良いとされています。失った水分をすぐに補給するということです。
例えば運動をした後やお風呂に入った後。運動をしている時は最中にもしっかり水分補給をする必要があります。
起きてすぐに水を飲むのも水分補給としては最適です。人間は寝ている間に汗などでコップ1杯分くらいの水分を体内に排出するといわれています。
寝室の近くにウォーターサーバーがあれば、目が覚めてすぐにコップ1杯の水を飲んで失われた水分を補給して、健康な1日を始めることができますね。

ウォーターサーバーを有効活用しよう

水道水は飲めないけれど、ミネラルウォーターを買い続けるのは大変。そんな人にオススメなのがウォーターサーバーです。
初めにサーバーを設置してしまえば、あとは送られてくるボトルをセットするだけ。
重たいペットボトルを運ぶ必要も、忙しい中お水を買いに行く手間も省けるため、忙しいOLさんや主婦にも人気があります。
最近のウォーターサーバーは、冷たいお水だけでなくお湯も出るものが多くてとっても便利です。
ペットボトルを買い続けて、大量のペットボトルゴミに悩まされた経験がある人は多いと思います。
環境のためにもできるだけゴミは少なくしたいもの。
ウォーターサーバーなら大容量のボトルなので、ゴミを最小限に減らすことが可能です。
また、メーカーによってはボトルを届ける時に空のボトルを回収してくれたり、クルクルと丸めて小さくして捨てることのできるボトルを利用していたり。エコのためにもウォーターサーバー生活を始めてみましょう。

オフィスや病院での活用法

ウォーターサーバーは、本来業務用としてオフィスや病院などの設置されたのが始まりといわれています。
一般家庭に普及した今でも、オフィスなどでは有効に活用されています。
オフィスでは社員が手軽に水分補給ができたり、急な来客にも慌てることなくコーヒーやお茶を出せるというメリットがあります。
また、オフィスが給湯室から遠いとその都度飲み物を作りにいったり、お湯を沸かすのが面倒ですが、室内にウォーターサーバーがあれば手軽に飲み物を作ることができます。
病院などの医療機関では、待ち時間に患者さんが気軽に水分補給ができたり、入院患者さんがいつでもおいしい水が飲めるように、また薬を飲む際にも便利なようにと設置されています。
さらにスポーツクラブなどのスポーツ施設にも設置され、スポーツの後の水分補給に役立っています。
他にも近くに給湯設備のないイベント会場の来場者向けに、また工場や倉庫で働いている人の水分補給用などの用途でウォーターサーバーが設置されています。

便利なウォーターサーバー活用法

ウォーターサーバーには様々な活用法があり、幅広く色々なものに便利に使えます。
まろかやで口あたりのよい水が提供されるので、一般家庭では1日の水分補給としてそのままでもおいしく飲めますが、お茶やコーヒーなどの飲み物を淹れても味や香りが引き立ちます。
さらにお米を炊いたり、味噌汁や煮物を作る場合など特に水のおいしさが味の良し悪しを決める料理にも有効に使えます。
また料理や飲み物以外にも、夏場の節水や地震や水害といった災害の備えとして貯水しておくことも可能です。
ウォーターサーバーは元々業務用として製造されたものなので、家庭用が増えた現在でもオフィスや病院などで利用されています。
オフィスでは社員用としても活用されていますが、急な来客にもすぐにお茶が出せるという利便性の高さが人気です。
店舗や病院などでは、待ち時間に喉が渇いた患者さんやお客さんの水分補給用として設置されています。

家庭での活用法(飲み物編)

一般家庭でもウォーターサーバーは有効に活用できます。
緑茶やほうじ茶、コーヒー、紅茶などの飲み物もキレイな水を使うことで風味を損なうことなくおいしく作ることができ、焼酎やウィスキー、梅酒などを割る際にも便利です。
また、熱湯と冷水がいつでもすぐに使えるので、冬の寒い日は外から帰ってきたら温かいスープやココアなどの飲み物をすぐに作ることができ、暑い夏は冷たいお茶やアイスティーなどで喉を潤せます。
寝起きやお風呂あがり、散歩の後など喉が渇いた時には手軽に水分補給ができ、薬やサプリメントを飲む時にも活用できます。
さらに赤ちゃんのいるご家庭では、その都度お湯を沸かしてミルクを作るのは大変ですが、ウォーターサーバーがあれば夜中のミルク作りも手間もかなり省けます。
もちろん安全でキレイな水なので、赤ちゃんや小さなお子さんにも安心して与えられます。
赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い年齢層の方に有効的に使えるのがウォーターサーバーの大きな魅力です。

家庭での活用法(料理・貯水編)

飲み物に使う以外にも、まだまだ家庭ではウォーターサーバーが活躍します。
まずは、毎日のお料理をする時、お米を炊くのに使えます。
お米がおいしく炊けるかどうかは水の良し悪しで決まるため、まろやかでおいしい水を使えばふっくらとした粘り気のあるご飯が炊けます。
さらに、煮物や汁物の出汁をとる時にも、適度なミネラルが含まれる軟水を使えば昆布やかつおなどのうま味成分が最大限に抽出され、味や香りが引き立ちおいしく仕上がります。
また、熱湯がいつでも使えるので、ちょっとお腹が空いた時にはわざわざお湯を沸かさなくてもカップラーメンなどのインスタント食品を手軽に作れます。
料理など日常生活で使う以外にも、いざという時のための水としてウォーターサーバーを設置しておくと安心です。
地震や雨不足による断水などが起こると、ライフラインである水道は使えなくなります。
そんな時にウォーターサーバーがあればとても便利です。