ウォーターサーバーに必要なコストについて

設置時にかかるコスト

ウォーターサーバーを自宅に置こうと考えた時、気になるのが設置にかかる費用です。
ウォーターサーバー本体の費用は、購入という形をとらずレンタルシステムを採用する業者が多く、レンタル料金は月々500円から1,000円程度が平均的で、とてもリーズナブルです。
また、最近ではウォーターサーバーのレンタル料金を永久的に無料にしている業者もあります。
ウォーターサーバーにセットする水のボトルの代金は、水の種類やボトルの大きさなどにより異なりますが、一般的には12リットル入りのボトルで1本1,000円から2,000円程度と比較的利用しやすい価格になっています。
水のボトルを自宅まで配達してもらう宅配費用もかかりますが、基本的に無料としている業者が多く、離島など一部地域のみ有料としている業者もあるようです。
ウォーターサーバーのメンテナンス料金は年間5,000円程度が一般的ですが、中には無料という業者もあります。

電気代について

設置にかかる費用と一緒に、ウォーターサーバーを維持するための電気代についても理解しておきましょう。
ウォーターサーバーは、冷水と温水を常時使える状態にしておくために電源はつけたままになるため、電気代が結構かかるイメージがあります。
ウォーターサーバーの種類や大きさ、メーカーや使用回数によって電気代は若干異なりますが、平均して1ヶ月に1,000円前後かかります。
一方、熱湯を常時使える状態にしておく電気ポットも電気代は月額1,000円前後なので、温水だけをみると同じように見えます。
しかし、熱湯しか使えない電気ポットと違い、ウォーターサーバーはよく冷えた水も同時に使用できます。
水を冷蔵庫で冷やして利用する場合には、冷却や扉の開閉の時に電気代がかかりますが、ウォーターサーバーを使えばその分の電気代がカットできます。
そのためトータルで考えれば、ウォーターサーバーを設置するほうが電気代節約につながると言えます。

解約にかかるコスト

ウォーターサーバーを設置すると、利便性に満足して長く使い続ける人が多いようですが、万一解約したくなった場合にどのくらい費用がかかるのかという点もあらかじめ把握しておきましょう。
解約の手数料を契約年数に応じて設定しているところの場合、契約年数が短いと高く、長ければ安くなるというのが一般的です。
契約年数に関係なく一定期間内に解約すると手数料がかかる場合や、最近では解約はいつでも自由にでき、手数料も無料にしているところもあるなど、業者によって様々です。
解約するとウォーターサーバーを返却する必要がありますが、無料で引き取りにきてくれる業者もあれば、返却代金が別途必要となる業者もあります。
送料を自己負担で郵送するとなると、ウォーターサーバーは重量が結構あるため送料がかさみ、思いがけない出費となる場合があります。
解約時の返却方法も業者によって異なるため、申込む前によく調べておくことが重要です。

メンテナンスとお手入れの仕方

最近のウォーターサーバーは、雑菌やカビなどが付きにくい設計になっているため頻繁なメンテナンスは必要なく、内部のメンテナンスは業者に任せておけば大丈夫です。
しかし長期的に使用する場合には、よりクリーンな状態を保つためにも、自宅でできる簡単なお手入れは続けたほうが安心です。
まず、ボトルとサーバー接着部分は、ボトル交換時に除菌アルコールをスプレーし、キレイなふきんか使い捨てのキッチンペーパーでふき取ります。
温冷水コックは、1日に数回同じくキレイなふきんやキッチンペーパーに除菌アルコールを吹きかけてふき取ります。
また、水受け皿は水が溜まると水垢がつく原因となり不衛生になるため、1日に1回は取り外して食器洗い洗剤を使いスポンジでこすって洗い流すようにしましょう。
ウォーターサーバー本体は、汚れがついたらキレイなふきんでふき取るようにし、背面部分はホコリが溜まりやすいため、定期的に掃除機で吸い取ると良いでしょう。

ボトルの種類

水のボトルには様々なタイプがあり、以前は従来型と呼ばれるボトルが使われていました。
少し硬めの素材でできているのでとても丈夫ですが、ウォーターサーバーにセットした水のボトルからタンクに水が送られる際に空気が内部に入りこみ、清潔な状態を保ちにくいというのが難点でした。
さらに、空になったボトルは折りたたみづらく、回収またはゴミの日までそのままの形状で保管しておかなければならず、場所を取るという点もネックになっていました。
しかし、現在では密閉型ボトルと呼ばれるボトルが開発され、主流になってきました。
密閉型ボトルは、ウォーターサーバーにセットしたボトル内の水が減れば、それに応じてボトルが小さく縮む構造になっており、軟らかい素材でできています。
そのためボトル内を常に密閉した状態に保つことができ、水が空気に触れるのを防いで使い切るまで無菌のまま保管できるのです。
コンパクトに折りたためるので、ゴミとして処理する際にかさばらないという利点もあります。

空ボトルの回収法

空になった水のボトルの処理法には、回収して再利用するリターナブル方式とそのまま利用者が処分するワンウェイ方式とがあり、ウォーターサーバー業者によって異なります。
リターナブル方式を採用する業者は、水の配達時に空のボトルを回収し工場に持ち帰って殺菌消毒を施し新たな水を充填します。
空のボトルを回収まで保管しておく必要があるため保管のためのスペースが必要になり、消毒するといっても再利用に抵抗を感じるという人もいるでしょうが、ゴミにならないのでエコにつながります。
一方、ワンウェイ方式を採用している場合には、ボトルがPET樹脂でできているため軟らかいので空になったボトルが簡単に折りたためます。
資源ごみの日にまとめて出す必要がありますが、かさばらないので狭い場所でも充分に保管できます。
一般的には、リターナブル方式を採る業者の方が、ボトルを繰り返し使用するため、水ボトル1本あたりの値段が安い傾向にあります。