ウォーターサーバーを家庭に設置するメリット

重い荷物を運ぶ手間がいらず買い物がラク

普段飲む水をスーパーやコンビニで買っている人は多いものですが、重い荷物を持ち運ぶのは大変な重労働です。
毎日必要なものなので、遠くの業務用スーパーや激安の量販店などまで行って安いものを購入したりと、いろいろと努力している人も多いようです。
ウォーターサーバーを家に導入すると、遠くまで行って重い買い物袋を持って帰ってくる手間が一切なくなります。
ネットや電話で注文すれば玄関先まで宅配してくれる手軽さも魅力です。

経済的で手間いらず、冷蔵庫内もスッキリ!

一般の店舗に売られているペットボトルの水が500mlで120円前後、1Lサイズのものは150円以上するものがほとんどです。
その点ウォーターサーバーなら、1Lに換算すると100円未満のものが大半です。
ペットボトルを運ぶ手間や交通費なども換算すれば、ウォーターサーバーのほうがかなり経済的といえます。
定期購入をすれば、知らない間にストックが切れていた…ということもありません。
また、冷蔵庫を大きなペットボトルが占領することもなく快適です。

すぐに料理やティータイムが可能で時間短縮

お茶やコーヒー、カップラーメンなど、すぐに調理をしたい時にウォーターサーバーがあると便利です。
冷水だけでなくお湯もすぐに出るので、急な来客があってもサッとお茶出しができます。
また、赤ちゃんのミルクや離乳食作りの時間も短縮できます。
今まで電気ポットを使用していたご家庭では、ポットがいらなくなる分電気代やガス代の節約にもなります。
パスタの湯沸かしなども今までのように時間がかからず、料理の手間が省けます。

健康に美容にいつでも安全な美味しいお水

家にいつでも美味しい水があれば、のどが渇いた時に糖分を多く含むジュースを飲む量を減らすことができます。
また、暑さが厳しくたくさん水分を摂りたい時にも、ウォーターサーバーがあればいつでも冷たい水を飲むことができます。
ウォーターサーバーのメーカーは、多くが日本各地の名水や水が美味しいとされるところで採水しているので、水道水にはない美味しさと安全性があるのもポイントです。
健康、美容のためには大変便利なアイテムです。

万一の災害や断水時にもいつでも新鮮な水

ウォーターサーバーがあると、万一の災害時にも安心です。
地震や台風などの災害は、思いがけない時に起こってしまうものです。
断水しても大丈夫なように、ペットボトルの水を買いだめしているご家庭も多いことでしょう。
買いだめしたものは消費期限をよく見ておく必要がありますし、確保のための場所も必要です。
ウォーターサーバーは新鮮な水をいつも備蓄しているのと同じことなので、買いだめをする必要がなく安心です。

ペットボトルよりもゴミが出ずエコで経済的

ペットボトルで水を飲んでいたご家庭は、夏場になるとゴミがかなり多くなっているのではないでしょうか。
限られたゴミの日に、袋を何個も持ってゴミ捨てに行くのは結構大変なものですし、うっかりゴミ出し日を忘れてしまうとさらにゴミが溜まります。
ウォーターサーバーを導入すれば、かさばるペットボトルのゴミがなくなります。
使い捨てタイプのものもありますが、繰り返し使用するボトルを使うサーバーなら、エコで環境に優しい上に経済的です。

ウォーターサーバー選び方のポイント

ウォーターサーバー業者はたくさんあり、初めての人はどの会社にすれば良いか迷ってしまいます。
業者を比較する際にまず重要なのが価格。 どれだけ良い水を使っていても続けられる価格でなければ意味がありません。
次に大事なのが使われている水の種類。どんな成分がどのくらい入っているのかしっかりと確認するようにしましょう。
他に重要なポイントとしてはサーバーのデザイン、宅配の方法やエリアなどがあります。
まずデザインは飽きのこない自宅やオフィスのインテリアに合ったものを選ぶのがオススメです。
宅配については自社での宅配なのか業者を利用するのか、自分の住んでいるエリアが範囲に入っているか、などは抑えておきたいポイントです。

比較サイトを参考にすると吉

インターネット上にはさまざまなウォーターサーバー業者の比較サイトがあります。
会社によってどのような違いがあるかチェックしておくのがオススメ。
比較サイトを利用するときは、1つのサイトだけではなく、複数のサイトで内容をチェックするようにしましょう。
良いように書いているだけのサイトもあるので要注意です。
利用者の声やクチコミも参考にしましょう。各業者のホームページや比較サイトでは気付かなかったデメリットがあっては大変です。
会社名で検索すると、実際に利用している人のブログがヒットすることもあります。 生の声が聞けるブログは必見ですね。

無料お試しでじっくり観察

気になる業者が見つかったら、まずは無料お試し期間を有効に利用しましょう。
業者の中にはお試しがないところもあるので事前に確認しておきましょう。
無料期間でまず確認しておきたいのはサーバーのサイズと置き場所です。
水の種類や宅配の方法はホームページでも確認できますが、サーバーを置いた場合のイメージは実際に経験してみないと分かりません。
邪魔になるサイズだったり、デザインがあまりにも合わない場合は、利用してから後悔する可能性があるため、業者の変更を考えた方が良いかもしれません。
忘れてはいけないのが、業者のスタッフの対応です。 問い合わせや故障の際に迅速に対応してくれるかどうかなど、お試し期間の間にできるだけチェックしておきましょう。

ミネラルウォーターの価格

ウォーターサーバーを選ぶ際に一番重要なポイントとなるのは、毎回購入するミネラルウォーターボトルの価格だと思います。
ボトルの価格は各社様々で、容量やミネラルウォーターの種類によっても変わってきます。 できれば安くて身体に良いお水を飲みたいですよね。
ボトルの大きさとして一般的なのは12リットル。 価格はだいたい千円台というところが多く、安いところなら12リットルのボトル1本1,050円。
数百円の差ですが、何年も飲み続けるとなると大きな金額になるので、価格はしっかりと確認しておきましょう。
また、サーバー代やメンテナンス費を別に徴収する会社もあるので注意が必要です。 トータルでみてコストの安いところを探してみて下さい。

サーバーその他の費用をチェック

最近は多くの会社がサーバーレンタル無料、ミネラルウォーターのボトル代金のみという仕組みになっていますが、中にはサーバーのレンタル料やメンテナンス費用が別に必要だという業者もあります。
サーバーのレンタル料は月数百円~高いところでも1,000円程度。 そのぶんミネラルウォーターの価格が安くなっていることもあります。
メンテナンス費についてはミネラルウォーターの代金に含まれていたり、不要としているところがほとんどですが、これも別に費用がかかる業者もあります。
また、メンテナンス不要としている会社は、万一のトラブルの際にどういう対応をしてもらえるのか、きちんと確認しておく必要がありますね。